指導方針

全ては生徒さん一人ひとりの
夢達成のために、全力を尽くします。

ベスト学院では、「わかるまで、できるまで、身につくまで」の3つのステップで生徒を徹底指導。一度学んだだけではどうしても忘れがちな学習内容をしっかり定着させるべく取り組んでいます。まず始めに、それぞれの学校のカリキュラムに合わせた予習形式の授業で「わかる」指導。次に、一人ひとりの理解度に合わせた例題演習を通じて「できる」指導を実施。そして、毎日の宿題で復習するのはもちろん、春期、夏期、冬期の3つの講習会での復習反復学習によりしっかり「身につく」まで指導しています。

教育理念 我々は教育に携わる者の一員として、日々絶えず自身を磨き、熱意・誠意・薫陶をもって 地域の次代を担う若者を育むことを使命とする。
モットー 素晴らしい先生から素晴らしいクラスができ、素晴らしい生徒が生まれる
基本方針
目標
各自の目指す高校、大学に合格させる
目的
生徒一人ひとりの能力にあった最良の自主学習+教室指導を継続、目標を達成させる。
方針
  • 自分一人でしっかりとした自主学習の出来る生徒の育成
  • 生徒一人ひとりの能力にあった最良の指導をする。
  • 生徒一人ひとりの能力アップと目標を達成させる自立性と精神力の培養。
  • 知育教育に重点をおくが徳育教育にも重点をおく。
  • 心身ともに健全な生徒の育成と家庭、学校、教室一体の環境づくり。

地元福島から、将来世界で活躍できる生徒を育成するために
今後も真摯に教育に取り組んで参ります。

ベスト学院は1983年に富田教室を14名の塾生と共にスタートし、生徒一人ひとりの目指す高校・大学に合格させること。さらに子供たちに無限の可能性を秘めた未来像を描いてもらえる施策。そしてその夢達成の為、全社員一丸となって、全力で取り組んで参りました。

そして現在、教室数、生徒数福島県ナンバーワンの進学塾に成長いたしました。世界ではグローバル化が進み、一方で少子化など大変な時代をむかえておりますが、この時代を切り拓いていくのは間違いなく今の子供達であり、福島県を代表する進学塾として近年ますます我々の果たすべき役割は大きくなりました。それらをふまえて、ベスト学院も進化していきます。

それが「QOA(コア)授業」です。生徒たちも社会に出てからは集団の中で生きていかなければなりません。むろん受験は集団の中での競争です。ベスト学院の「QOA(コア)授業」はその集団の中で生き抜く力を身につけるために研究を重ね誕生いたしました。講師からの「Q:しっかり発問」では生徒一人ひとりの思考力や創造性、発想力などを引き出し、自分で答えを見つけ出せるようにします。「A:しっかり返答」では集団の中で自分の考えを言える、相手に伝えることが出来る発信力や表現力、伝達力などを引き出します。そして「O:最適レベル」、生徒一人ひとりに寄り添った指導、さらに生徒面談や教育相談を行い集団の中での個の確立を手厚くサポートします。

この「QOA(コア)授業」によって、よきライバルと切磋琢磨し、その中から未来を創る新しい人材が育まれるものと確信しております。また集団の中で生まれる出会いが一生の付き合いの親友や恩師となる事も重要な点です。
地元福島から、将来世界で活躍できる生徒を育成するために今後も全力で教育に取り組んで参ります。