穴沢修一

より良い「教育」を、より多くの子ども達へ。

仕事の内容を教えてください。

仕事のメインは小中学生のクラス授業です。私は高校生の個別授業も担当しています。各種配布物の作成などもしていますが、塾長としての最も大切な仕事は全体の取りまとめ・バランスを取ることだと思っています。教室スタッフと生徒・保護者様の 関係性や教室運営のあり方などに十分注意を払って、 何かおかしなところがあれば修正する。 非常にやりがいのある仕事で充実した日々を送っています。

仕事の楽しさ、難しさをどんなところに感じますか?

生徒さんは勉強に対して何かしらの不安を抱えて入塾してきます。授業ごとにその不安が消え、 コミュニケーションごとに笑顔が増えていく。そんな変化に大きな喜びを感じます。年度の初めに前任からクラスを引き継ぐことがあります。ある中学3年生の女の子は、初めは前の先生のほうが良かった…という雰囲気でした。しかし、1年間担当して志望校に合格した次の日、「担当が先生で本当に良かったです。1年間本当にありがとうございました。」という手紙をくれたんです。感動で胸がいっぱいになりました。

ベスト学院に入社を決めた理由は何ですか?

ベスト学院は、福島県を中心に事業展開している会社です。私は自分が現役の学生だった頃から、全国の学力ランキングを目にするたびに福島県の順位の低さを非常に残念に思っていました。そして、それを何とかしたいという気持ちも常に抱いていました。ただ、自分だけの力でどうする事も出来ないことは分かっている、しかし自分と同じ考えを持った多くの仲間達とならきっと出来るはず、そんな思いを持ってこのベスト学院に決めました。