先生へのこだわり

長年の経験と多様なカリキュラムで
修練を積んだプロ講師陣

「素晴らしい先生から・素晴らしいクラスができ・素晴らしい生徒が生まれる」という指導モットーのもと、長年の経験と豊富な研修を経たプロの講師陣が授業を行っています。

  • ベスト学院は地元での教育に長年の経験があります。そのノウハウを活かし、生徒一人ひとりの目標達成できる指導をおこないます。指導研修も積極的に行うため、このノウハウが全ての講師に引き継がれます。
  • 理想の教育を行うために、まず講師自身が素晴らしくあるべきだと考えています。行動4原則(大きな声で、キビキビ行動、自分から挨拶、明るい笑顔)を柱に、生徒の見本になれるように努力しています。
  • ベスト学院クラス指導の講師に学生アルバイトはいません。皆、プロの講師という自覚と熱意をもって授業を行っています。 目標を達成することで、生徒、保護者様からの信頼も得ています。

「素晴らしい先生」であるために
ベスト学院が実践していること

  • 専任講師陣

    各教科のスペシャリストのみを講師に。

    クラス指導を行うのは正社員もしくは経験者といったプロの講師だけ。自覚と熱意を持って授業を行っています。アルバイトの学生がクラス指導することはありません。また、5教科を講師ひとりが指導するのではなく、文系、理系の専門性を高めた講師が授業を担当。押さえるべきポイントや生徒がつまずきやすいポイントを熟知した密度の濃い授業を展開しています。

  • 指導研修

    責任感と熱意を持つ一流講師を育成。

    ベスト学院では生徒の成績アップや目標達成に導く“講師力”の向上に常に努めています。「生徒を成長させるには、まず講師自身が優れていなければならない」という考えから、研修センターを常設し、さらなるスキルアップを目指しています。授業のわかりやすさ、生徒の学習意欲を高める方法、生徒とコミュニケーションを取る方法など、多様な要素を厳しく磨いています。

  • 生徒・保護者満足度アンケート

    満足度調査をもとによりよい学習環境づくり。

    生徒・保護者様の協力のもと授業内容や指導方法などについてアンケート調査を実施。客観的な評価をもとに、問題点を洗い出し、生徒たちがより「積極的」に授業に参加できるよう改善を図っています。また、春、夏、冬の各講習会後にも講師や授業についてアンケート調査を行い、十分に満足を得られなかった点を検証し、指導方法や学習環境の向上に努めています。

  • 徳育教育の実践

    生徒の模範となるため実践している行動。

    ベスト学院では、学習指導だけでなく、“人間性”を育む徳育教育にも力を注いでいます。生徒に指導を行う講師だからこそ、徳育を実践している人間でなければいけません。そこで、「あいさつの徹底」「時間厳守」などを示し、「大きな声で、キビキビ行動、自分から最札、明るい笑顔」ということを常に徹底しています。